FC2ブログ
 

特定非営利活動法人 親子体操連盟さいたま市・川口市・蕨市・八潮市 楽しい!健康!親子で楽しむ“親子体操”

バンクーバーオリンピック

   ↑  2010/02/28 (日)  カテゴリ: 未分類
毎日結果が気になって、テレビのスイッチを入れていたオリンピックも終わってしまいますね~
考えてみると、冬季オリンピックの種目って私には到底できないものばかりなんですよねだから真剣に見てしまう。「何であんなことが~」「何であんなに速く」「何で空を~」本当にすごい

読売新聞にオリンピックの間「超人の科学」という連載がありました。

「スノーボードハーフパイプ」の滑走時の加速はブランコの立ちこぎと同じである。
「フィギュアスケート」の4回転の成功率が上がったのは、跳び方が、走り幅跳び型から走り高跳び型に変化し着氷しやすくなったから。
「スキージャンプラージヒル」のスタート地点は東京タワーの展望台の高さと同じ!成功イメージと実際の成功体験を繰り返すと、快感が強化され恐怖心がなくなる。
「モーグル」の上村さんのターン速度は時速40㎞、ゴールまでの20~30秒の間にスクワットを一秒間に2、3回こなす超人技

などなど、各種目を科学的に分析した面白い記事でした。スポーツは「根性!」「一生懸命!」「がむしやら!」だけでは頂点は目指せないんですね。科学的な分析により効果的なトレーニング法を見つけ、研究された道具を使い、選手は遠い先にある目標に向かって練習する。たくさんの熱意が集まって戦うからオリンピックは感動するのかなあ
また4年後が楽しみです

長々とすみませんでした
にった

(記事編集) http://www.oyakotaiso.com/blog-entry-92.html

2010/02/28 | Comment (-) | Trackback (0) | HOME | ↑ ページ先頭へ |
この次の記事 : ひな祭り
この前の記事 : あばれんぼーキッズ

Trackback